FC2ブログ

市議会議員 本田順也 子供たちに未来を!

島原市市議会議員 本田順也 市議会活動情報や島原市の疑問点 地域の皆様との ふれあい などおおくりします!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  trackback: --  / comment: --

選挙がもうすぐ始まります。 

県議選や市議選がもうすぐ始まります
4年に一回の厳しい試験です。
前回の選挙の時は、定数削減に反対したので厳しかったのを思い出します。
定数削減になぜ反対したのか。
ここでおさらい
前回合併して間もなかった事もあって、選挙前の人数が37人でした。
選挙後は23人になるので、14人が削減されたのですが、それでも多いと言う声があり
20人にしてはどうかとういう市民からの声が上がり、その声を一部の議員が
それに賛同すると選挙がやりやすいという事もあって議員から議案提出されました。
そこで反対する形になったのですが、
反対理由
島原の議会は委員会制をとっているので、定数を下げる前にまずは4つの委員会を3つにして
それから削減するのが、基本ではないかと選挙戦前に後援会に話しました。
それから一つの委員会を7人にすると定数が21人になるので。
まずは委員会を3つにする事を考えていました。
そこでなぜ一つの委員会を7人にするのかと言われました。
有明町議会の当時最初に読むようにと配られた議員必携という本に書かれていたことですが、
「委員会は奇数が望ましい、多数決になった場合最終的には委員長判断で決する事が理想」
と書かれていました。
それと5人では欠席された時の審議内容に多くの意見が繁栄されにくいとも書かれていました。
やはりそうなってくると7人か9人が一番良いように思います。
今回定数が21人になりました。
市民の声を多く聞くためには沢山の議員がいれば、色々な世代や地域から聞けますが、
その考えは時代に逆境するので、今回は21人に賛成しました。
定数を削減して思う事
21人は理想と言えば理想かもしれませんが、少なくなられば、
少数の人の意見を言えないのも事実あります。
議員必携の本では大所高所から議会の質問に立つ事が望ましいと書かれています。
そこで議会では話す事のできない部分も市の方に相談に行く事も多くなりました。
3期して議員の仕事は議会以外のほうが、多いと感じてます。
国会議員も地方の議員の仕事を体験して国で意見を言えば日本は良くなると思います。

スポンサーサイト

category: 未分類

Posted on 2011/02/19 Sat. 03:12 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 1

コメント

No title

お久しぶりです、水道料金等の書類、拝見いたしました。勉強されてる感があり、感心致しました。
ブログ、結構見てるよ。がんばれ、陰ながら応援致します。

ヤスト #- | URL |  2011/03/01 16:55 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hondajyunya.blog137.fc2.com/tb.php/18-d66783fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。