市議会議員 本田順也 子供たちに未来を!

島原市市議会議員 本田順也 市議会活動情報や島原市の疑問点 地域の皆様との ふれあい などおおくりします!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]  /  trackback: --  / comment: --

島原市市議会議員 本田順也  

プロフィール
honda.gif

氏名:本田順也(ほんだじゅんや)
生年月日:昭和48年3月7日
住所:長崎県島原市有明町大三東戊1348-5


趣味:バイクでツーリング(バイクは人と合わせることもできるし、一人でもできる)
性格:単純で不器用
大切にしていること:人とのつながり
目標:島原半島を一つにしたい
:島原半島を九州のナンバー1の都市にすること。誇れるまちづくり。
自分に必要な物:先を読むこと。つながり。問う。
好きな物:人。甘い物。
たばこは吸いません。酒も飲めません。


自分の想い
私のいつも考えていることは、人はみな平等であるということです。
それが世界で認められた日本の素晴らしさであると思います。
今の日本だけが金持ちも3代続かないと言われています。
裏を返すと貧乏人も3代は続かないということです。
しかし現在はおかしな状況が続いています。
年金と生活保護も矛盾が多い。
高齢者の処遇の問題についても問題が多いように思います。
それと病院の中身についても矛盾しているように思います。
金を産む仕事と事務的な仕事が比例しない世の中になってきています。
そのような矛盾を今後は見直す世の中を考えていくべきだと考えます。
それともう一つは人とのつながり、和を大切にしたいと考えています。
日本が誇れるものでサービスがあります。人の事を思いその人の為にしてやりたいと思う気持ちそれが和であり輪を作ります。
平等であり輪が広がれば大きな和になります。それが私の思う平和です。


スポンサーサイト

category: 未分類

Posted on 2020/11/22 Sun. 15:55 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 1

中小企業振興条例の勉強会がありました。 

昨日、同友会主催の中小企業振興条例の
勉強会があり行ってきました。


中小企業振興条例勉強会
島原から同友会島原支部のメンバーと市役所から副市長や関係する部の職員が来られてました。
大村で開催されたこともあって大村市の議員と県議が来られてました。
島原の議員は私と同じ同友会のメンバーでもある議席で言うと3番議員が
来られてました。
すごい熱心で質問もされてました。
この振興条例については昨年から同友会の方でもこの長崎県でつくってほしいと
願っていました。
私も聞いていましたが、とにかくそれがどのように自分たちのためになるのか
勉強してみようと呼びかけられて県内で初めて勉強会が開かれました。


中身を聞いてみると行政が考える中小企業と企業体が考える組織作りには少しずれが
あるのでそれを行政が企業の立場を把握して企業と地域を密着させて企業側の意見を
参考に人材やアイデアや都市づくりを考えていくことができれば地元の活性化につながる
この条例は北海道等では早く取り込まれていましたが、九州の方ではあまり実行されて
いないのが実状です。

内容については前回ブログで掲載されたので
勉強会のお知らせ


沢山の方がみえられてました。
遠くは宮崎県の都農町から商工会と議員と大学の教授の12名来られてました。

質問でこの所得の低い長崎県で条例を作ることは可能か?
条例をつくるにあたってどのようなグループに相談し、勉強会を進めたのか?

他にも色々とでましたが、とにかくこの条例で行政側の対応や考えが
変わってきたらしいです。

category: 未分類

Posted on 2011/07/25 Mon. 01:21 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

自治会長さん達との懇談会 

厳しい指摘をお受けしました
合併してよくなかったと厳しく言われた
自治会長さん達も地域の人から言われていると強くいわれているようです。
話を聞いて合併で悪くなったように言う声が多かった。

しかし何のために合併したかが、大きな問題で合併した理由がまだ納得できていない
のが実状のようでした。
旧有明町が裕福と言われていたのがそもそもの発端であったようです。
たしかに色々な部分で優遇されていたのかもしれません。
しかし合併したから悪くなったのではないと言うことを理解してほしいと
感じました。

そもそも旧有明町はサービスに力を入れたのは確かにありました。
しかし本当にしなければならないことを後回しにしていたのも事実です。
上水道の本管の布設替えもその一つでした。30年何もせずに今水漏れが頻繁に起きている。
それと有明海の環境をよくするために下水道整備もするべきだった課題であります。
環境が崩れてきたいる時にサービスを増やせと言うのは
選挙を当選するために言うことは出来ても議員を辞めてしまった後で
人間として今からの人達に申し訳がたたないと考えます。

それと合併まえからではありますが、サービスの低下での
最大の要因は扶助費の増加かもしれません。
生活をする上で行政が負担するお金です。

扶助費とは、社会保障制度の一環として、生活保護法や児童福祉法、または、
老人福祉法など、国の法律に基づいて支出するものと、地方自治体が住民福祉の
増進を図るため、独自の施策において支出するものとがあり、現金・物品を問わ
ず、被扶助者に対して支給される福祉施策の根幹を成す経費であります。

この扶助費を削ることはできません。
次に借金を増やさないようにしようと言う動きも原因の一つです。

昔は福祉にお金を使うとばらまきと言われた時代もありました。
ですが、今では建設関係にお金を使うことが悪いというように言われています。

自治会長さん方の意見はよく理解してます。

しかし家計図をつくったときに
子供の養育費やお年寄りの介護費をボランティアや人付き合いに回せるか。
雨漏りなどで家の補修をしたいが生活費を回せるか。
色々と考えてやりくりしなければいけない。

このような議論をすると最終的には議員の報酬や公務員の給料を下げろと言う話になります。
現在議員は21人で5年前に合併してから37人から21人になってます。
議員が遠くなったと言う声も聞きます。
それと議会を見ていた自治会長さんから有明町の代表だから地元の声を
もう少し繁栄して真剣に話してほしいとも言われました。

確かに有明町の人間ですから地元のことを大事に考えたいと思う気持ちは持っています。
しかし島原市になったので旧有明町のことばかり言えないのもわかってほしいところですが、
まずは自分が住むところであるので、有明出身の議員に呼びかけて
飲み会無しの話し合いで市民との意見交換会を開きたいと考えてます。

有明町内の地区別にわけて意見交換会を
するように進めます。他の議員にも相談したいので
決まりしだい自治会長連絡協議会に話を通します。







category: 未分類

Posted on 2011/07/22 Fri. 01:08 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

中小企業振興条例の学習会があります。 

この前の議会の一般質問でも話をしましたが、
中小企業振興条例について勉強会が開催されます。


7月23日(土)「中小企業振興条例学習会」があります。

時間:第1部 学習会 18:00~20:10

   第2部 懇親交流会20:10~21:30

場所:長崎インターナショナルホテル(大村市)

会費:懇親交流会費 3000円

主催:長崎県中小企業家同友会 

連絡・お問い合わせ:095-822-0680

このことをブログで載せていいのかわかりませんが、
とりあえず私も出席します。

中小企業家同友会とは長崎県で7支部あり、
全国では10番目にこの長崎県の同友会が発足されたそうです。
すごく真面目に話を聞かれる組織です。
入会条件は経営者や経営を任された方。
特に条件は無いと思いますが、
とにかく頑張りたい方や頑張っている方。
仕事内容は皆さん違いますが、
問題点は意外と似ているのでそれをクリアーされた方は
沢山います。
そのことを教えていただくことができる組織です。


category: 未分類

Posted on 2011/07/17 Sun. 02:08 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

6月議会無事終了 

選挙後の初議会でした。
可決された内容についてご報告します。

1,島原市有明町福祉センターの約半分を指定管理者に
請け負わせる為に条例を整理するための条例改正

2,国体に伴うサッカーコートの新設について
契約者はミズノで人工芝を設置する予定

3,23年度一般会計補正予算

4,保育所運営費国庫負担金の補助単価の増額及び
保育単価の算定根拠公表を求める意見書について

5,島原市副市長の定数を一人にする条例
島原市は有明町との合併直後は2人の副市長と
決めておりました。
正確に言うと副市長が2名収入役が1名でした。
それを8月から副市長を1名にするように可決
されました。

6,島原市監査委員の選任について
現在島原市では監査員を民間から一人と
議会の議員の中から1人を市役所側が選定して
議会に承認してもらう形になっています。
今回、議会の改選で議会の方の監査員を
市役所の方が選定されたので、議会がそれを
認めて可決することになりました。
今回の監査委員は前議長ということで
決定しました。

7,固定資産評価審査委員の選任について
この評価委員は民間の方の市役所のグループ長
が決定されました。

8,島原地域広域市町村圏組合議員、
県央県南広域環境組合議員、
長崎県後期高齢者医療広域連合議会議員、
長崎県病院企業団議会議員、
島原市農業委員会委員の推薦、
この5つは議員の中から選出された人が
派遣されてその会議に出席します。
もちろん出席した時は議会に報告をする形に
なっておりますので、皆さん真剣に出席されてます。

可決内容は以上です。
今回の議会は議案について総務委員会で
協議することがほとんどでしたので、
その委員会の報告をするのに時間がかかりました。
島原市議会は報告の後、委員長にたいする
他の議員からの質疑もあります。
今回の場合は答えるのは私自身です。
一人でケーブルテレビを独占していた用に
言われる人もいますけど、
答える方としては、緊張しながら一生懸命です。

今回は特に質問も多かったです。

category: 未分類

Posted on 2011/07/14 Thu. 10:41 [edit]  /  trackback: 0  /  comment: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。